創作小説の中で起こる致命的な誤字脱字の改善法

創作小説

創作小説の中で起こる誤字脱字を少しでも減らす為の四苦八苦

 こんばんは、はいじです。

 前回の記事では、まさかの「好きな事」ではなく「嫌いなこと」と、それに伴って生じる誤字脱字の種類について語るという、無益の中の無益をやってのけました。

創作小説で起こる致命的な誤字脱字
私は“見直し”が大嫌い  こんにちは。はいじです。  一次創作の小説サイトを営む人間が、致命的な事を言い出しましたね。  いや、聞いてください。本当に、聞いて。言い訳はしません。  ほんとに嫌いな事を語りたいのです。(ザ・無益) ...

 さて、何でも掘り下げれば興味深いもので、途中、無益な事と分かりつつ大声で「嫌い嫌い!」と叫ぶように文章にした事は、特に得るモノはなかったですが、ただただ楽しかったのでした。

 そして、その次の日に何気なく呟いたツイッターでは早速キャラの名前を間違ってツイートすると言う。人って歴史繰り返すよね。

 めちゃくちゃ喧嘩していたのは「インとバイ」ではなく「アウトとバイ」ですね。

 ツイッターに関しては、最早小説以上に脳直で書いて、えいっとやってしまっているので、見るも無残です。

 ひとまず、ツイッターの改善は置いといて創作小説本編の誤字脱字を撲滅する為、必死にやっている改善策を忘備録として記載しておきます。

 

夫「ねぇ、この文字。この文章。これで合ってるの?」

 こちらの米騒動のサイト運営は、まさかの夫婦二人で行っております。


【はいじ夫についての蛇足】

 ちなみに夫は全くBLへの耐性がございません


#1 びしょぬれネズミ

 いや、懐かし過ぎか。

 彼は大学生の頃に見た「№6」のアニメで紫苑とネズミがキスをしている所を見て、BLという言葉を見たり聞いたりすると「あさのあつこ……」と怯えるような人間です。


 

 そんな、謎の夫婦二人三脚で行っている【米騒動】の運営なのですが、もちろん中身の小説やブログは私「はいじ」が行っております。

 夫はサイトの構築や、更新、その他小説投稿サイトへの拡充など、運営面が主です。

 その中で、夫はもちろん私の小説を読んだりはしないのですが、どうもパッと見ただけで、小気味良く現れてくる誤字脱字に対し、非常におかんむりなのです。

 「わ、わたしの小説は、長いから読み直すと……喉が痛くなるんだ」

 と、苦しいにも程がある言い訳をかまして逃げ延びようとしたところ、夫はそういうのは許さないのです。

 そこで私の言い訳の逃げ道を失くす為に夫が突きつけてきたのが、Microsoft Nanamiさんでした。

 

夫「こちらは、Microsoft Nanamiさんだ。仲良くね」

 Microsoft Nanamiさん(以下、ななみさん)はMicrosoftの機能で、画面上の文章を音声で読み上げてくれる機能です。

 声の種類もPCだと、そこそこ選べます。女性も男性も選べるのです。

 しかし、私はスマホで読み上げて頂きつつPCで手直しをしていく方針を取る事にしたので、Microsoft Edgeというアプリに、我がスマホへは来て頂きました。

  ↑の「音声で読み上げる」を選ぶと、本当に忖度なく、ななみさんが読んでくださいます。意外にもかなり流暢な日本語です。

 機械音声機械音声しておりません。すごい。

 ただし、アプリの場合はそこまで声の種類が選べません。私は「ななみさん」の声が非常に気に入りましたので、「ななみさん」とこれから歩んでいく事にしました。

(ちなみに、きょうこさんという方もいらっしゃるようです)

 こうやって、本気で何の忖度もなく、たまにアバンギャルドな漢字の読みなどをしてくる「ななみさん」ですが、そんな所を含め、私は彼女を気に入っております。

 「はいじ」を「わいじ」と読んでくれたり、「こめそうどう」を「こめそうどぅ」と呼んでくれたり、とてもチャーミングです。

 そして、ともかく躓いたり文章のリズムがおかしい事をきちんと教えてくれるので、ありがたい。

 まぁ、前回更新分の【前世のない俺の、一度きりの人生】では、半狂乱になって泣き叫ぶバイの台詞を、いい感じに元気に読むもんですから、アレ。

 こう、若干狂ったような雰囲気の文章を、なんとも言えない気持ちで聞き続けましたよね。

 

誤字脱字を少しでも減らしたい

 そうです。

 ともかく試行錯誤しながら、嫌いで嫌いでたまらない「見直し作業」を少しでも苦痛を減らしつつ、しかしそこまでしてやるのだから、マジで成果を出したいです。

 そして、もしこれを読んで頂いてる方々で、私の小説も読んで来たよ!という方にこっそりお願いです。

 貴方様が思った「これって誤字かな?」は、迷わないで。

 誤字です。まごうことなき、ただの「誤字」です。自信を持って。はいじは深い意味を小説の含んだりしておりません。ミスです!!!

 なので、気が向いたらで良いので、その時は何らかのツールを使用して教えて頂けるとありがたい限りです。

 そんな、はいじなのでした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
創作小説
米相場

コメント