一人っ子にとっての兄弟

創作小説

更新履歴

9月1日

【前世のない俺の一度きりの人生】

3ページ更新

 

 こんばんは。ツイッターで10月中には【前世のない俺】を終わらせると宣言しました。

 毎週更新するとして、あと8回分の更新。

 内容を深く考えて10月中と言っているワケではもちろんなく、単純に「あと8回も更新したら終わるっしょ」という、中身の無い「10月中」です。

 しかし、宣言して口に出して「言霊」を自分自身に掛ける事で、きっと私は無意識のうちに、そのように行動していくと思われるので、何度も言います。

 【前世のない俺の、一度きりの人生】は10月いっぱいで終わらせます!

 

兄弟という憧れの夢の存在達

 そうそう、どうでも良い事なのですが、私は一人っ子です。

 なので、昔から”きょうだい”とか”だいかぞく”というモノに大層な憧れを抱いてきました。そんなワケですので、きっと兄弟のいらっしゃる方々からすると、私は「男兄弟に対し、夢を見すぎ」と思われるかもしれません。


宇宙兄弟(40) (モーニング KC)

(そして私のキングオブ兄弟聖書【宇宙兄弟】です。そして、こちらの作者さんも確か一人っ子だったんじゃないでしょうか)

 というか、きっとそうだと思います。

 けれど、私はそれで良いと思ってます。まぁ。BL自体がファンタジーと言えばファンタジーなので今更と言えば、今更なのですが。

 私は、自分の持っていないモノに対する憧れや、想像から生まれる現実との余白部分に、創作小説の魅力みたいなものが生まれるんじゃないかなと思っているところもあるので。

 現実の姿を克明に描写する必要はないんですよね。

 なので、今回のアウトとアボードの会話回はひたすらに私の男兄弟に対する夢を詰め込みました。女で、しかも一人っ子の私からすると、彼らはBL並みにファンタジーです。異世界よりも、異世界。

 多分、第3章の残りの山は「アウトとアボード」になる予定です。私の兄弟に対する、飽くなき憧れを、是非見て頂きたいところです。にこ。

 あとは、もちろん。

 そんなアウトに振り回されるウィズが、裏の山場です。にこにこ。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
創作小説
米相場

コメント