キャラと加齢の大暴走

創作小説

キャラクターの人達を上手く掌握できていない

 こんばんは。

 前回の【前世のない俺の、一度きりの人生】(9)更新分から、文章とストーリーの進行具合に迷走が見られてきて、頭がパーンとしてきたはいじです。

 

 いやね、ストーリー上必要のない、ファンタジー異世界の謎の法整備について頭を悩ませ始めたあたりから「あ、ちょっとコレ駄目なターン入って来たよ」とは思っていたのです。明らかに考えすぎ。しかし、まぁ、前回はどうにかこうにか事無きを得ましたよ。法整備について悩み始めたのが後半近かったので。

 けれど、今回は、完全にいっちまいましたね!

 元々、素人の一次創作なんて主観の塊で書いてよい筈なのに、それに疑念が生じてきたせいで、キャラクターの人達を上手く私の思っている方向へと導けなくなってきました。

 みんな好き勝手好き勝手動きやがって!

 ストーリ上【前世のない俺】は完結するまで【番外編】染みたモノを書く予定は一切なかったのにも関わらず、今週分の内容は完全に本筋に加える必要なくね?という内容になってしまいました。ただでさえ、必要以上に長くなってるのに。

 焦るきもち。

 なので、このブログを読んでいる方々にだけでも、言い訳を述べてさせて頂きたいのです。

 【前世のない俺】(10)はスタートのテンポ感から、ちょっと違和感を感じるかもしれません。敏感に感じ取ってしまった場合、今回の(10)は気持ち【番外編】だと思って読んで頂けると非常に、私としては心が穏やかになります。

 

 ほんとは一から書き直して本筋を乱さないお話を掲載したいのですが「あれ?おかしいな?」と思いつつ書いて行き2万文字に到達してしまったので、もう1文字目から訂正する気力が、ない!

 なので、明日は一旦【前世のない俺】から離れた生活を送ります。六法全書読み始める前に、作品から逃げます。やっぱり異世界で、ファンタジーで、長編って魔物です魔窟です。難易度高いなたまらんわ。

それ「カタルシスある?」の友人とお茶してきました

恐怖のタイムカプセル今昔
今日は仕事をお休みしました  こんにちは。体が非常にきつくて有給を使わせてもらいました。はいじです。  なんだか、月曜日から元気がなく本当は昨日休む予定だったのですが、どうしてもお祝いのブラウニーを課内のみんなに渡したくて、急に出勤した...

 今日、コロナ渦という事もあり、会うのを控えていた友達と久々に会ってきました。4時間くらい。

 

 この友人【前世のない俺】のストーリーに「カタルシスが必要では?」と本人はそのつもりがなくとも、結果私に助言してくれた友人でもあります(上記事参考)

 30歳になって共に元々ない体力の激低下、そしてそれに伴う体重の減少、PMSの激化。凪ぐ日々。ストレスの仕事。

 カタルシスとか言ってる場合ではない感じではありました。

 いや、アラサーアラサーとは言っても、日本人の平均寿命でいくとまだこれから一応長いのに、こんな折り返しよりも前の段階で、こんな事ではいけない。

 

 でも、いけなくったって、きついものはきつい!ほんと、なんでこんな状況激似なの!?ってくらい不調が共通してるのが怖い。クラウドで繋がってるんじゃないの?って程でした。

 特に体重の減り方が似てて安心すると共に、不安が募る。いや、分かる。夏が全て私を弱らせてる。いや、ほんと。元気出したいです。

コメント