アウトと私の好きなもの

創作小説

更新履歴

7月25日

前世のない俺の、一度きりの人生

11ページ

 

 こんばんは。

 四の五の言っていた更新分を本日世の中に放ちました。全体を俯瞰から見下ろす視線が無くなってしまっていたのでしょう。めちゃくちゃ疲れる更新でした。

 導入とかテンポとか、最初に書いていた所から加筆に加筆を重ねてどうにか今の形に落とし込みましたが、こういった違和感は、私が書き手だから感じるものなのか、読み手もそう思うのか。

 はてな。

 pixivへの掲載時、キャプションに「違和感があったら教えてください」とかなり無茶な事を書いてしまいましたが、今更読み直して改めて思いました。

 読んでくださる方々に、なんて事を求めてるんだ、と。

 

 書いた私ですら「前半部分がやぼったく導入から展開までが急過ぎる気がする」という、なんとなくぼんやりとした事しか言えないのに、何の気なしに娯楽の一つとして楽しんでくださる方に、そこまで言う必要ないじゃん!と反省した限りでした。

 なので、結論。

 こういう事を気にして、引っかかるのは書き手だけ!パンパン!

 ほんと、今回はグダグダ言ってしまって申し訳なかったです!素人が書いてるが故に、作品に寄り過ぎて全体把握が出来なくなったせいで、不安になってる!そんな状態だったのです!

 次の更新では、ともかく一旦引いてざっくりと書いていく感じでやっていこうと思います!切り替えてこ!

 切り替える為に軽く別の作品の番外編とか書けたらなと、今【風を切って歩け】のツイッターで書いていたネタを元に一つお話を書いております。時間的に今日出すのは難しそうですが、近いうちに投げにきますので、よろしくお願いします。

 

アウトの好きなもの、ことエッセイ

 【前世のない俺の、一度きりの人生】というお話で、日常パートで私が地味に書きたかったのが、主人公アウトの好きなものを一つ一つ丁寧に紹介する場面です。

 正直BL小説として書いているお話で、そんな部分に焦点を当て過ぎてしまうと、読み手としては、ただでさえBLとしての物足りなさを感じているところに、抑揚のないキャラ同士の絡みも少ない、そういった描写は読んでいてキツイかもしれません。

 ごめんね!ほんっと、ごめん!

 

 ただ、私、地味にいつかエッセイを書いてみたいと思っているので、アウトのこの描写はいつか書くエッセイの練習でもあります。そして、若干書いてて楽しいのです。

 いつか、アウトというキャラクターの方に、私の新しい新米騒動で読書感想文的なものを書いてもらおうと思っています。意味、わかんないかもしれませが、ほんとにそのままです。

 漫画とか小説とか、私の好きなモノをアウトといキャラクターに紹介して頂いたり(他のキャラでもいい)するコーナーを設けたいという事です。

 多分、楽しいのは私だけだと思いますが、へへ。まぁ、出来上がったらご報告しにまいりますので、時間のある方は読んでやってください。

 

私の好きなものたちは作品の中へ

 そもそも、昔から私は自分の書く小説には自分の好きなモノを織り交ぜて、キャラの好物にしたり、愛読書にしたりする傾向があるので、ほんと、キャラに代替して読書感想文書いてもらうの、やってみたいんですよね。

スラムダンクは常連中の常連。【俺宣】【風を切って歩け】の主人公の愛読書。

【俺宣】の文化祭で演劇部が演じる演目にしたお話。

【俺宣】の主人公の愛飲料。

 こうしてみると、やっぱり長編である【俺宣】は私との付き合いが年単位(連載期間)だった事もあるので、当時の私の趣味嗜好をえらく反映していると思います。なので【前世のない俺、】も是非そうしたい。

 好きなものがあるって素晴らしいし、楽しいってことを小説に落とし込みながら改めて感じていこうと思います。

 

 本当は今やってる【原神】ってゲームも落とし込みたいのですけど、さすがに、あの世界観にネトゲを入れるのは無理なので、そう、別の形で組み込んでいく事にしてます。

【原神】おもしろいという事も、近いうちに熱く、熱く語らせてください!

 

 それでは、四連休の終わり地味に鬱な気持ちですが、まぁ、頑張って生きます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
創作小説
米相場

コメント