少年漫画の主人公のようであって欲しい

創作小説

更新履歴

8月25日

【前世のない俺の一度きりの人生】

3ページ更新

 

 今回も週末に更新する予定の内容から3分の1程度の量を先行して更新しております。

まぁ、さも「週末分も出来上がっているんですよ」みたいな顔をして書いておりますが、もちろん週末分が事前に出来上がっている訳がありません。

 単純に、多分これが3分の1位の内容でしょうね。というあくまで見込みで言っているだけなので、予定は未定です。

 捕らぬ狸の皮算用にならぬように気を付けます。

 

アウトには少年漫画の主人公みたいであって欲しい

 私はそう思うのです。

 少年漫画に心を熱くして育った私としては、主人公にはやっぱり”主人公”らしくあって欲しいと思うところがあります。普段は普通のヤツでも、やっぱり仲間の為とか、自分の志の為とか、そういう譲れないモノに対して貪欲に、いつもとは考えられない力を発揮するという、王道な展開が本当に好きです。

 基本的に少年漫画では主人公が好きになりますもんね。私。

 作中に事あるごとに登場してく【スラムダンク】では、もちろん主人公、桜木花道が一番熱くて好きでたまらないです。あの、ここぞという時に何かやってくれる!という期待感こそ、私が少年漫画の主人公に全身全霊で求めているところなのですから。

 いけない。このままでは、ここでスラムダンクについて1万文字程語らん勢いなので、一旦自重します。

 そう、主人公アウトについて、です。

 彼は平凡受けという、BLにおける王道主人公の皮を被らせてはいますが、私の最終的に目指す彼は少年漫画の主人公のような期待感の持てる主人公です。

 そして、なんだろう。

 多分、彼は。最後には、昨今のなろう系の小説で言うところの「チート能力を得て、これからこの世界で無双していくぞ!」というソッチ系で言う1話の感じが、うちでは最終話になる……予定。まぁ、どうなるかは日々私の頭の中で変化するので何とも言えないのですが。

 ともかく、私は主人公には平凡な毎日の中で、何か小さくても良いから爆発を起こした結果、何かを得る主人公であって欲しいと。そう思いながら、諦めずに最終話まで書いていこうと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
創作小説
米相場

コメント