男の子の第二次性徴期

創作小説

更新履歴

7月18日

前世のない俺の、一度きりの人生

8ページ

 

 こんばんは。

 明日から月曜日だけど来週は休みが多いので既に休み前のような気分のはいじです。こうなってくると既に4連休開けた再来週の月曜日を思ってテンションが下がりそうですが、気持ちだけ未来へトリップしていっても仕方ないので、落ち着いて現在軸に戻ってまいります。

 ただいま。

 

男の子の第二次性徴の知識

 今回の更新分。

 なにやら後半くらいから、やっっっとBLみたいになってきたような気がして、私は心の底からホッとしています。しかも、それが出てきたのがショタターンといのが、書いている私としても頭が痛い。

 いや、いいんですけどね。

 【前世のない俺、】という作品には性描写は基本入れず、耽美調な雰囲気で醸し出す程度だと以前のブログで書きました。

さて、はいじの書く作品はBLかしら!
こんにちは、焼肉の待ち時間にブログを書いていてます。はいじです。すでに、このジメジメしたクソ暑い中で40分は待ってます。書き終わる頃には、さて何分待っていることやら。 そんなわけで、私の焼肉待ちの間に突入した、長い長いモノローグにどう...

 なので、直接的な描写はあまりないとは思いますが「男性」「女性」のような「性」 にまつわるイベントはちょこちょこ入っていくと思います。

 前回更新でいくと、アバブの”生理”について。今回更新分ではオブの”声変わり”など。成長に伴って変化する体の事や、それに伴う性欲などといった表現は随時出てくる事になるので、慎重に書かないとなあと言ったところです。

 ちなみに私の声変わり知識は小学生の頃読んだ【赤ちゃんと僕】ですね。

(【赤ちゃんと僕】は私に色々な事を教えてくれた……名作)

 あとは妊娠、出産、母子といった「生」にまつわる事も今後は出てくる予定です。

 なにせ【前世のない、】は転生が当たり前の世界観なので、かなりその辺りが重要なポイントになる設定にしてしまったのです頭痛い

 前世が女性で今世が男性、前世が男性で今世が女性などという現象も多大に出てくる世界観なので、性同一性障害的なアンバランスな心と体の性の問題も孕みやすい事でしょう。

 

 あぁ、もう。単純に「転生チートモノ」多いよねって思ってソレを逆手に取ってやろ!と考えた安直な設定だったにも関わらず、そのお陰で世界観がとても危なっかしい。

 あまり深堀すると、物語よりも、性犯罪とか前世のストーカーが今世でも襲ってくるとか、そういう犯罪的な面での対策はどうしたらいいだろうと、謎に私が創作世界の法整備までしないといけなくなるので、考えるのはある場所で一線引かせて頂こうと思います。なので、お願いします。深くは……突っ込まないで頂けるとありがたいです。

 はいじに法整備や政治方面はむり。

 

 さて、あまり深く考えていくと私は何を書こうとしているのは意味不明になってくるので、この辺にしておきます。ショタが戯れていてやったー!たのしー!というテンションで引き返して終わりにしておきます。

 

 それでは、また明日から仕事がんばろ。

コメント