あの日、あの頃、個人サイト時代

エッセイ

12月分の短編!やっと更新!

【いらっしゃいませ。 「まろやか毎日」は創作BL小説サイトです。意味が分からない方・趣味に合わない方はお戻りいただけますようお願いします。】を更新しました!

はいじ
はいじ

はい。これ、全部タイトルです。

 こんにちは、はいじです。

 12月用の短編武者修行用(※)の作品を、やっと1月8日に更新出来ました。あばば。

※短編武者修行とは……毎月一本、短編を書くというはいじ独自の小説千本ノックな修行法。

 色々な投稿サイトさんで、長いタイトルの小説が沢山あるので、私も長いタイトルのお話にしてみたいと思ったのです。その結果がこのタイトルなワケですが……面倒臭いので今後は【まろやか毎日】と書きそうです。(長いタイトル付けた意味…)

 

はいじ
はいじ

次は1月分の短編を書かなきゃ!急げ!

 その前に長編の定期更新分も作らなきゃ!あばば!

 

【まろやか毎日】について

 

 ブログまで見に来てくださる方って、本当に極少なので、Twitterより、マジで好き勝手書きます。へへ。最高。

はいじ
はいじ

名前は全部!これを参考にしたわい!

 家でお話書くと、ネット見たり色々しちゃうんで、コンビニの上にカフェスペースのある所に作業しに行ってるんですよね。そして、毎度コンビニで買うんです。豆乳を。安いから。

 ……体にも良さそうだし。

 

 そんなワケで、小説の最後の頁。【first】には此方を書きましたよ。念のため。怒られたら困るから。

当サイトの小説はフィクションであり、登場人物地名等は全て架空のものです。

実際の個人団体土地とは一切の関係はありません。

——-【まろやか毎日】firstより

 

はいじ
はいじ

あ!あと!気付いて頂けましたか?【first】の最後!

↓選択すると

 

 自分のサイトだから出来る、ちょっとした遊びでした。

 「まろやか毎日」の【メール】は、こんな風に背景色と、同化させて隠されていたのです。PCで選択すると見える。昔の個人サイトはこうやってR18の隠し部屋がサイト内に設置されていたりしたんですよ。もう古の遊びですね。

 

はいじ
はいじ

攻めの茂木君は、こうやってメールを発見したんですね。執念!

 

このお話を書くにあたって

 

 大好きだった個人サイトさん達を、見て回りましたよ!

 特に、好きだったサイトさんに書かれているレビューの内容なんかは、今回作品中に魂だけ引用させて頂きました!熱かった!本当に!

 

はいじ
はいじ

あとは、ただただ懐かしかった

【まろやか毎日】は読み手と、書き手。双方の、けっこうアレな部分にまで踏み込んで心情描写をしたので、出す時は非常に後ろめたい気持ちになりました。

 

 特に私は書き手でもありますからね。主人公の、

「かまってよ!」

「ちやほやしてよ!」

って台詞を書く時は、頭痛くなりました。そういう気持ちは、もちろんゼロではないので。

 

 ただ、BL小説を書き始める人の大半が、最初は皆【読み手】から入るんですよ。だから、あの攻めの【キッコウ】のファン心理。

俺は他のファンより貴方を知ってるし、一番好きなんです!

 あれもねぇ。けっこう、ありますよ。推しが居る人って経験したことないです?他のファンより一目頭抜けたいと思った事。

 

はいじ
はいじ

お陰様で、羞恥心の中の更新ですわ

やっぱり、私の創作は「経験」からしか書けない

 

貴方の創作はどこから?私は……
創作の火種はどこから?  さて、もう少し頻回にブログを更新していこうと決めましたので、さっそく現れました。  記録に残さなきゃ、記憶からは高確率で忘却されていくからなぁ。  人生を『失われた〇〇年』とかにしない為に思った事を書...

 此方でも書いております通り、私は「共感」と「経験」からしか物語を作れません。

 

 今回の主人公、台本が無いと人前で喋れない大豆君。彼にもモデルが居ます。オフ会に行った時に「わ、私は、台本が無いと、喋れないので、前を、向いて、喋れないです。失礼します。」って、一生懸命事前に書いてきた台本を読む方が居て。

 

はいじ
はいじ

私、その方の事凄く好きだなって思ったの!

 苦手でも補う努力をしつつ一生懸命お話する姿って、むしろ流暢に話すよりも相手に伝わるなぁと心底思いました。

 そこから、大豆君は生まれました。

 

 とまぁ、「萌え」から物語を産めない私は、こうしてせっせと外に出て、どうにか「経験」を積むしかないんですよねーー。なので……というワケでもないのですが、私は月に二回くらいはオフ会に参加するようにしています。

 

はいじ
はいじ

まぁ、普通に楽しいから、コレも趣味!

 

 と、そんな感じで【まろやか毎日】は出来ました。

 皆さんの中で、推しに対する自分だったり、2000年代の個人サイト時代を思い出して、少しでも懐かしかったり、気恥ずかしい気持ちになった方が居たら……このお話を書いた甲斐があったってもんですよ!

 

はいじ
はいじ

ツンデレにはならなかったけどね!

おわり!

コメント