2つに分かれたウィズは、どちらの手を取るのか

創作小説

更新履歴

10月27日

【前世のない俺の、一度きりの人生】

・本編 243話-244話

10月31日

【前世のない俺の、一度きりの人生】

・本編 245話-251話

・ツイッター小話まとめ

・番外編

【風を切って歩け】番外編

・1年後の10月31日

 

 こんばんは。10月27日の更新分も一緒に更新履歴っているせいで、一見てんこもりに見えますね。ええ、実際かなりてんこもりです。

 いつもの事なのですが。

 こう、私は物凄く”書く”ペースが速いタイプの人間ではないのですが、コレはあれですね。皆様が感想をくださったり、いいねボタンをくださったりと「見てますよ!」の発露が、非常に私の背中を押してくれている事によるものだと思います。

 楽しいので、隙間時間を使ってでも書きますし、休みの日だって、早起きして時間を作って書く。

 ただ、それだけの事なのに、5月から、ほぼ毎週、定期的に2万文字以上(最近、多い時は5万文字程)更新し続けてきた、という自分の歩んできた道のりが、私に自信をくれました。

 「なんだ、私。継続できるんじゃん。書けるんじゃん」と。

 継続してやれた事って、それが何であっても自尊心を少し補強してくれますね。ですので、引いては、読んでくださった皆様から頂いた自信だと思うので、感謝しかない。

 あと【前世のない俺】を最後まで書ききって「私、ファンタジーも完結させられたじゃん」と、にこにこの実績を伴った自信を生めるように頑張ります。

 以下、作品ごとの色々なこと。

 

【前世のない俺の、一度きりの人生】

 さて、ずっと病んでは自分の事すら上手くコントロールの出来なかったウィズが、踏ん張って動き始めましたね。

 ウィズとアウトは、二人として出会った時間は、ほんの僅かです。秋終わりから、春直前の冬の最後の一番冷え込む瞬間。

 時間にして4カ月程でしょうか。

 きっと、過去の回想も大いに挟んでいたので、時間感覚が「へぇ、そんなものなんだ」って感じだと思います。コレ、スラムダンクの最終巻で、私が思ったやつなんですよね。(急に持ちだすやん)


SLAM DUNK 新装再編版 全20巻 新品セット

 試合時間と登場人物達の掘り下げが、驚くほどしっかりしていたせいで、主人公桜木花道が、インターハイで去年の優勝校である山王高校と対戦する時点で、まだ4カ月しかバスケを始めて経っていないという。

 あれ、目指しました。(おおいなるおこがましさ)

 まぁ、そんな訳でたった4カ月程の付き合いしかない二人なのですが、惹かれ合ったモノは仕方がない。きっかけはインとオブの感情だったかもしれないけれど、今、生きているのは二人なので。

 ただ、私は基本的に大団円が好みなので、そうならないと嫌なんです。

 それに、私はアウトを転生系主人公によくある、チート系の能力者にしないと気が済まない。

 自分でもこの作品を一体どこへ連れていこうとしているのか「あれれ」と言った様子ですが、もうすぐ本編はバイバイと、元気に走り抜けますので、見送って頂けるとありがたいです。

 

【風を切って歩け】番外編

 古の個人創作サイトがやっていた【企画】、【記念小説】そんなモノを、今の私もやってみたいと思ったのでした。

 本当は現在、脳内は【前世のない俺】の登場人物達でいっぱいな上に、時間的制約もある中「書けるのか??」と半信半疑でしたが、なんとかやれました。

 あの青春真っただ中ですよ!風味しかなかった【本編】から、一気にBLへのアクセルを吹かし始めた【番外編1】。そこからとうとう【番外編2】はヤりましたね

 正直、私のR18を書く経験値に低さのせいで、上手に私の望むようなR18が書けたとは言い辛いのですが、これも練習するしかないので、ともかく今後は【前世のない俺】含め、R18の練習をします。

 書かないと、慣れないので。

 さて、酒のお陰と、正直、既に庄司自身も我慢の限界であった事から、彼は今後、無駄な脳内会議の撤廃を、自身の中に居る様々な自分へと呼びかけました。

 そして1回の山を越えた事もあり、多分、庄司は今後弾けるでしょう。なんといっても、庄司とてまだ31歳。

 10代の宮古には及ばないでしょうが、大丈夫です。彼も若い。

 きっと、これからも私のR18の練習台になってくれることと信じます。なにせ、最初の一発目がリビングで騎乗位ですからね。ベッドいって、ベッドいって。

 今後、練習の意味も込めて、どんな風なモノを書いたら練習になるか。皆様にアンケートを取らせて頂くかもしれません。

 その時は、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
創作小説
米相場

コメント